クレジットカードのポイントの貯め方

クレジットカードは使う度にポイントが貯まりますから、利用している方はとても多いのではないでしょうか。しかし、実際のところ使ってみたところあまり上手にポイントを貯める事ができないという方も多いようです。なので、クレジットカードで上手にポイントを貯めるためのちょっとしたコツをこれから紹介していきたいと思います。
また、未成年でもクレジットカードが使用できる場合があります。こちらのサイトが詳しく書かれていますので参考にしてみてください。
未成年クレジットカード

実はクレジットカードは公共料金などの支払いにも利用をする事ができます。水道だったり電気は口座引き落としになっている方は多いと思いますが、かなり簡単にクレジットカード払いに切り替える事ができますから、是非ともやってみてください。またその他にも携帯料金をカード払いにかえるですとか、そういった事をするようにしてみてください。

こういった高級料金や通信費をカード払いにかえる事によって、普通に生活をするだけでも以前よりもずっとポイントを貯める事ができるようになります。ですから、まだやっていないという方は、絶対にやってみるべきだと言えるでしょう。

次に、普段の買い物も現金は最低限しか持たずに、全てカード払いにするようにすると非常にポイントの貯まりがよくなってくれます。なんとなく全ての買い物をカードにするというのは、最初は抵抗がある方は少なくはないと思います。しかしやってみれば損をする事もありませんし、それどころか得をする事ができますから、どうぞやってみるようにしてください。

このように、意外にも簡単な方法でカードのポイントを上手に貯める事ができるようになります。どなたもすぐにでもできる事ばかりですし、難しい事は何もありませんから、今日からでもカードのポイントをどんどん貯めていく事が可能になると言えるのではないでしょうか。

カードを作ったものの、なかなかポイントが貯まらなくて困っている、もっとポイントを上手に貯めたいと思っていた方々は、どうぞ参考になさってみてはいかがでしょうか。きっと役に立つと思います。

クレジットカードを持つようになったら。クレジットカードを初めて使う時の注意点。

クレジットカードはご存知のように手元に現金がなくても、買い物などができる便利な決済方法です。

しかし、便利だということは同時に不便だったり、注意しなければならない点があります。その注意点についていくつかご紹介します。
クレジットカードを手に入れたらまずサインをクレジットカードを始めて手に入れたら、何よりも先にまず、裏返してサイン欄に自分の名前を書きましょう。
クレジットカードの加盟店で使う時に、このサインと、店での伝票へのサインを照合して本人確認をします。ですので、裏にサインがないクレジットカードは、基本的には「誰にでも使えてしまう」恐ろしいものなのです。
また、サインも気取らずに普段書いている署名にしておきましょう。いつもとは違う書体などで書いておくと、加盟店でサインするときに非常に大変です。
さらには、クレジットカードを海外で使うことも考えると、サインは漢字のほうがより良いです。なぜなら、漢字であれば海外で仮に落としたり盗まれたりした場合でも、真似をされにくいからです。
便利だからと言って使いすぎに注意しましょう。同時に怖いところは、「使う時には現金が必要ない」ということです。
便利ということはよくお判りでしょうが、怖いというのは、使う時には今合計でクレジットカードで決済しているか、というのがわかりませんので、つい使いすぎてしまう、ということです。
何気なく使っていても、決済日(銀行口座から使用額が落ちる日)になって、こんなに使っていたのか、と驚いてしまうこともあり得ます。最悪は、預金額以上にクレジットカードで決済していて、お金が落ちない、ということもあるかもしれません。
クレジットカードは自分のものだと思って使っていますが、実はこれはクレジットカード会社から「貸与」されたものです。したがって、自分以外の誰かに(それが家族でも)貸したりしては契約違反になります。
以上が初めてクレジットカードを使う時の注意点です。ぜひ、頭に止めておいてください。

クレジットカードを作っても大丈夫な人

社会人でも学生でも自分で家計を管理して毎月やりくりできている人ならクレジットカードを作っても大丈夫でしょう。利用したことのない人で慎重過ぎるのか、心配性なのかをとても怖い存在に思っている人もいるのも確かです。しかし、現金の管理と同様にきっちりと利用金額を把握しておくようにすれば何も心配することはありません。現在、現金で毎月の家計を管理していて、いつも赤字だとか貯金が全くないという人は持つのは少し考えたほうがいいかもしれません。やはり現金がきちんと管理できない人はクレジットカードそのものも管理できないということになります。お金そのものが管理できないという人の特徴にやはり衝動買いをしてしまうというところが大きいと思います。人間誰しも衝動的に買いたいと思うときもありますが、それが次の給料で買えるのか、ボーナスで買えるのか、臨時出費のための貯金の中で購入できるのかをきちんと冷静に判断できるかどうかでお金を管理できる人がどうかの分かれ道になります。そういう判断が出来る人は作っても大丈夫だといえます。確かに、最近の利用範囲は増えて少額な買い物やサービスにでも利用できることもあって、なんでもカード払いにしてしまう傾向にあります。しかしそのような使い方は上級者の使い方です。少しでも利用金額の把握に不安があるのなら自分の頭の中でだいたいでも管理できる範囲にしておかなければなりません。限度額まで利用できるという考え方も、初心者には考え直したほうがいいでしょう。利用可能金額は利用限度額ではなく引き落とし口座の残高以下で自分の頭で把握できる範囲であることを自覚しないといけません。クレジットカードは何かとポイント還元や保険のサービス、その他特典など魅力的なことがたくさんついていますがそういったものも惑わされてはいけません。そういう誘惑に惑わされない人も作っても大丈夫といえます。上記のことは、少し意識すれば誰でもできるはずですし、そうしないと家計を管理できないはずなのでそれほど難しいことではないはずです。

クレジットカードを利用するメリット

クレジットカードを利用すると大きく分けて二つのメリットを得ることが出来ます。その一つ目は支払い時間の短縮です。クレジットカードは一部のお店を除き、大抵のコンビニエンスストアやスーパーマーケットでも使うことが出来ます。支払い時に小銭を支払う必要がある時、ちょうどの金額を用意するのに時間がかかってしまうことは少なくないでしょう。一度の時間であれば些細なものかもしれませんが、買い物に行く頻度の高い方はその時間を合計するとかなり大きなものになるかもしれません。特にサインの不要なレジにおいては支払いを現金ではなくクレジットカードで済ませることによって支払い時間の短縮をすることが出来ます。

クレジットカードを利用することによって得られる二つ目のメリットはポイント還元です。ほとんどのクレジットカードはそれを利用するたびにポイントが蓄積され、商品券や支払い時の値引きに充てられたり、何らかの商品と交換できるというサービスを提供しています。ポイントの溜まりやすさはカードによって異なってきますが、低いもので0.5%程度から高いもので2%に上るものもあります。0.5%~2%というと一見低いように感じるかもしれませんが、クレジットカードでは携帯電話料金や電気料金の支払いも出来ますので、従来値引きが出来ないはずのこれらの料金から実質的な値引きを得られるという現金支払いでは受けられないメリットを得られることができます。

時は金なりと言うことわざがありますが、クレジットカードを利用することによって、支払い時間の短縮と同時にポイント還元による実質的な値引きを得ることが出来るのです。一つ一つの成果はかなり小さなものかもしれませんが、お金の支払いは生きている限り続くものです。塵も積もれば山となるということわざのように、何年もかけて実践していくとそれで得られる差は莫大なものとなります。クレジットカードでの支払いをするのが早ければ早いほどここで得られる恩恵も大きなものと鳴るのです。